フォローする

2022年7月7日の吉方位

 今年は上弦の月、七赤金星中宮と重なる七夕の節句、短冊には何を書きますか?
天の川画像

 2022年7月7日は二十四節気の小暑(しょうしょ)と
 七夕の節句(たなばたのせっく)です。

 小暑は未月の正節で、例年ですとこのころには梅雨も終わり
 一気に夏の暑さが訪れてきます。

 世間ではお中元が贈られる時期ですね。

 単なる社交辞令となっている面もありますが
 本来は暑い時期に相手を思いやる、風情ある習慣です。

 こんな時代ですので安否を伺う気持ちで
 ちょっとした贈り物をされるとよいかもしれません。

 また、七夕の節句(たなばたのせっく・しちせきのせっく)は
 年に五つある五節句のひとつです。
七夕短冊画像

 七夕とは七月七日の夕方のことで
 星祭りともいい、日本でも仙台や平塚の
 七夕祭りが規模も大きく、有名ですね。

 七夕といえば織姫と彦星の伝説ですが
 短冊に願い事を書くのは
 お裁縫やお習字の上達を願うのが発端でした。

 七夕の節句にいただくものとしてはお素麺や
 お素麺のもととなったといわれる
 「索餅(さくべい)」というお菓子をいただきますが
 この索餅は、子供の悪鬼を鎮める祟り鎮めとなります。

索餅画像

引用http://www.temari.info/work/summer/big/25.html

 平安貴族の間で始まった七夕の風習は
 様々な由来を取り入れており
 どことなく、当時の人の遊び心やロマンスを感じますね。

南の島イメージ画像
 また、この日からは七十二候で温風至-あつかぜいたる-となります。

 温風至は七十二候の第三十一候
 小暑の初侯にあたります。

 温風至は暖い風が吹いて来るという意味ですが
 梅雨が明けて、本格的な夏に入るころですね。

海画像

 温風至の温風は白南風(しろばえ、しらはえ)と呼ばれ
 梅雨明けから吹く南風のことで、俳句の季語でもあります。

 梅雨走りの南風は黒南風と呼んで
 白南風と対になる言葉ですが
 日本語は本当に美しいですね。

 歳時記を知ると日本をもっと好きになりますよ。

 ぜひ七十二侯も暮らしに取り入れてみてください。

 よい一日をお過ごしください。








暦の話

2022年7月7日 木曜日
六輝・友引
干支・辛酉
中宮九星・七赤金星
行事・上弦の月(11時14分)・小暑(11時38分)・七夕の節句・一粒万倍日
十二直・満
二十八宿・斗(北方・玄武七宿 8 ひつきぼし)

九星の終わりに万人に共通する明日の凶方を掲載しています。

仕事、学校、外出の予定など・・・
明日すでに出かける用事のある方は
チェックしておいてください。

以下は日の方位のみの掲載となります。
(年盤、月盤の吉凶方位は反映していません)

日盤時盤揃い時刻を末筆に掲載しています。
参考になさってください。

2022年7月7日の吉方位

◆◇◆

一白水星

  • 南東

二黒土星

  • 南東
  • 北西

三碧木星

  • 北東
  • 南西

四緑木星

五黄土星

  • 南東
  • 北西

六白金星

  • 北東

七赤金星

  • 北東
  • 南東
  • 北西

八白土星

九紫火星

  • 南西
  • 北西

◆◇◆

2022年7月7日の凶方位

  • 東 五黄殺、日破 重なりです。ご注意ください
  • 西 暗剣殺

上記は一日を通して誰にとっても凶方となります。
お出かけの予定がある方は、ご注意ください。

日盤時盤揃い時刻

  • 午の刻(11時~13時)

皆さまどうぞよい一日をお過ごしください。

この”あかるい明日”では
毎日18時ごろに明日の吉方を公開しています。
あなたのあかるい明日のために、ぜひご活用ください。

当ブログ内のすべての文章について無断転載、無断引用を禁止しています. Copyright© あかるい明日 All Rights Reserved.



この記事をお届けした
あかるい明日の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
フォローする
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.