吉方旅行の前の晩に別の場所に泊まるのは?

さて、ご質問をいただきました。

『吉方旅行の前の晩に別の場所に泊まるのは?』という質問なのですが、この記事を書いているちょうど数日前ですが、2015年4月8日、成田国際空港に新しくLCC専用の第3旅客ターミナルが誕生しましたね。
22年4ケ月ぶりの新ターミナルだそうです。

ところでこの第3旅客ターミナル、横になることもできるソファベンチを400台設置しています。ちなみに、無印良品の製品なのだそうです。あってもなくてもいい情報ですね(^^;)

さて、このソファベンチであったり、2Fフードコートが早朝4時から開店しているのには理由があって、LCCには早朝便利用者が多い関係から、空港で夜間の滞在利用も視野に入れた営業形態を取っているんですね。

このように空港で一夜を明かす方もいると思うのですが、旅先に応じては前の晩に目的地以外の場所に泊まりたいという希望もあると思います。

でもご注意くださいね。
例え布団の上で寝なくても、別の場所で夜を明かせば、その場所の気を吸収してしまいます。
もちろん、吉方であれば問題ありませんが、凶方の場合は、その影響が発生します。

特に、目的地が遠い場合で、中間地点で一泊する場合は、旅行と同じように考えないとなりません。
そして、凶方の効果は吉方の効果の何倍もありますので、ふとした思いつきで中間地点で宿泊したことで、その後の吉方旅行の効果がまったくなくなってしまうなんてこともありますので、ご注意いただきたいところです。
渡航先が海外で、機内泊の場合などは避けようがないので仕方がないとしても、無用な剋気は吸収しない方が得策です。

逆に、祐気は効果的にたくさん取り入れたいところ。
旅先では早めの就寝と現地の気をたくさん蓄えた温泉に入ったり、その土地で取れた食物をたくさん食べてきてくださいね。
お土産ももちろんたくさん買って帰って、特に水は、現地から自宅に送って旅行後も飲み続けるのをお勧めしています。

吉方が同じ友人におみやげとしてプレゼントしても喜ばれますね。

何か質問があればお気軽にお尋ねください。
こちらの お問い合わせページからどうぞ。

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.