相性が良い悪い

いろいろと書きたいことがたまっているのですが
書くタイミングを逸していて
先日の日帰り吉方旅行『なんちゃってお水取り』の話も
アップしたいなあと思いながらなのですが
ひとまず、今日は相性の話をしたいと思います。

相性とは?

相性の良し悪しでだけ人間関係を計るのは危険ですが
「あの人とは絶対に相性が悪い」と思っても
実は調べてみると相性が良くて、「なんで???」と思うこともあるかと思います。

相性って、単純に気が合う、合わないだけではなく
もっともっと深い、それこそ、ソウルメイトの関係にまで及ぶような
そんな関係なんですよね。

イメージ画像

理屈の上で簡単に話せば、
成長し合わない関係でなければ、相性が良いとは言えません。

どんなに気が合っても、二人で悪い事に手を染めるような間柄を
『相性が良い』とは言えないのは、おわかりになりますよね?

なので、実際の感覚とは違う部分で
相性というものが存在すると思った方がいいですね。

例えば、大っ嫌いなあの人が
実は自分に忍耐というものを教えてくれた。
怒鳴ってばかりいる嫌な上司がいたから
次の職場では動じない自分でいられるようになった。など、
(※次の職場でも同じ目に合うという話ではありませんよ)
結果、自分が成長できたかどうか、というところにフォーカスすると
相性というのは、好きとか嫌いとか、自分が思っているところとは
ずいぶん違うところにあるんだなと気づくのではないでしょうか。

ソウルメイトの世界でいえば
魂の世界で親しいからこそ、『現世に生まれ変わったら
あなたの成長のために、私が嫌な役を引き受けましょう』と
約束をして来るそうです。

ですので一見、相性が悪いと思える関係が
実は魂的には相性が良かったということもあるわけです。

天使画像

相性が良いという関係にも
単純に、一緒にいて居心地がよいという関係もあれば
打てば響くような、ベクトルが同じ方向を向いている関係もありますし
お互いが高め合っていける間柄など、様々ですし
同様に、相性が悪いという関係も
様々なケースがあります。
寄ると触ると誰かの悪口ばかり話すような間柄では
いくら気が合ったって、相性が良いとはとても思えませんが
意外と、そんな関係を気が合うと思っている方も、多いようです。

相性が良い関係

相性が良い関係かどうかの判断は、結構わかりやすく
その人と付き合って以降、自分が成長できたかどうかを考えれば
自分を成長させてくれる人は、皆相性が良いのだと思っていいと思います。

ハートのピース画像

実際に星回りを見れば、本当に相性の良い関係は
そんなに多いわけではないのですが
そう考えると、実は、出来た人なら
どんな人とも相性が良いと言えるんですよね。
どんな人からも学ぶことができる、という人も実際、大勢いますからね。

相性鑑定の割合では、相性の良い人が少し、相性の悪い人が少し
残りのほとんどが、良くも悪くもない人、となるわけですが
会社に10人同僚がいたら、だいたい2人くらいは、相性良い、または悪い相手になりますね。
相性が良い関係はさておき、厄介なのは、相性が悪い関係です。

相性が悪い関係

鑑定をした結果、相性が悪かった場合・・・

匙を投げるわけではないのですが、相性が悪い関係に関しては、もう、相性が悪いから諦めてくださいとしか言いようがないのです。

ところが、相性が悪い関係って、わかりにくいんです。
そういう相手に限って、妙に気が合う、惹かれあう、など。

『相性の悪い人と相性の悪い人が出会うと結婚する』とは齋藤一人さんの言葉ですが、それが修行なのか学びなのかわかりませんが、どうもこの世界の摂理として、そういう風にできているようですね。(もちろん、相性の良い夫婦やカップルも多く存在します。きっと、前世までにたくさん修業を済ませてきたのでしょうね)

この関係、実は、惹かれあっていても理解しあっていないんです。
理解しあってないので、認めあってもいませんし、問題が起きて初めて、この目の前にいる人は一体、何を考えていたのだろう?と思うわけです。

天の川イラスト

良い関係に比べると、悪い関係というのには、実際、星の数ほどのパターンがあります。人の数だけ中身が違っていると考えていいですよね。
しかし、様々な問題があっても、答は一つです。
関わらないこと。

夫婦で相性が悪ければ別れた方がいいですし、親子で相性が悪ければ、子供はさっさと独立した方がいいですし、同僚に相性が悪い人がいれば、職場でなるべく関わらないようにする方が賢明です。

例えば職場の上司と相性が悪いからと転職などできないでしょうけれど、そんな場合も、少なくとも、関係を悪化させないように気を付ける、という努力はできるはずです。
というよりも、環境によっては、それしか手段がない場合も多いですしね。

職場や学校にいる全員が、相性が良い、またはどちらでもない関係に囲まれることなどあり得ませんし、だからこそ人生が修業になるのですが、あの人のここが悪いとか、気が合わないとか、そういう同じ高さでものを考えず、諦めてこちらが避ける、譲るなど。
そういう人との関係の取り方を学ぶもの、修業の一つだとつくづく思います。
以前の記事で書きましたが、何しろ、歴史上もっとも人とのコミュニケーションが難しい時代になっているわけですから。
今や人が抱える問題の多くが、人間関係の悩みですからね。

もちろん、まさにそれを学びにこの世界に生まれて来ているわけなのですが、だからこそ、対処の仕方を考えていかなければならないわけです。

相性が悪い関係は、相手を理解できません。
同じ人間、とか、同じ日本人とか考えないで、私自身は『この人は違う星の人』と思って気にしないようにする、という手段を取り入れています。
そう思うと、にっこり笑って「ハロー」と言えるものです。

宇宙人画像

相性の悪い人に対して、好きだの嫌いだのと感情を左右されるのは、割と人生の無駄ですからね。
そんなことに使う時間があったら、もっと幸せなことに、例えば、一緒にいて楽しい友人と過ごすとか、ボランティアをするとか、勉強をするとか、心地よいと思うことに人生の時間を使いましょう。
吉方旅行ももちろん、楽しい時間の使い方ですので、お勧めします。
特に人間関係に悩んだら、一人で吉方旅行に行くのはとてもリフレッシュになりますからね。

というわけで、つまらない出来事が頭から離れなくて、思い立って日帰り吉方旅行に行った話を早くアップしないとな、と思います。
私の場合は吉方の喫茶店でランチをして、その後もしばらく楽しめる買い物をしてきただけですが、相当に気分転換になりました。

日々修業。それは私も同じですが、こんなリフレッシュ法を持っていると『悩みも人生のエッセンス』と思えます。まぁ、後になってからですけどね(^^;)

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.