繊細で優しい星

親しい友人が今、深い悲しみの中にいる。
会ったのはもう10年以上前、最近はSNSでつながっていた友人の妹は、猫が好きでオシャレでファンキーで、繊細で頑張り屋で、ちょっと優しすぎる子だった。

友人は3歳下の妹が生まれた時、どう思っただろう?
生まれたての赤ちゃんは小さくてふにゃふにゃで、壊れてしまいそうでドキドキしながら、心の中に「妹」という小さな種を植えただろう。

しっかり者の友人はきっと、ちょっと頼りない妹をたくさんお世話しながら、心の中の「妹」という種をどんどん育て・・・そうして一緒に過ごしてきた日々が、こんなにも幸せで大切な時間だったことを、今、改めて思い出しているのではないだろうか。

人が亡くなるのは仕方のないこと。
この日本という国でも毎日3千人以上の人が亡くなっている。
そんなことをどれだけ頭で考えても、大切な人を失うことが、仕方のないことだなんて思えるわけもない。

昨日までいた人が、今日はいない。
もう今世で会える日もこない。

寂しいだろう、痛いほど辛いだろう。

そう思うとどんな言葉も上滑りするようで、お悔やみの言葉さえ出てこない。

友人の妹の星は、優しすぎて、他人の苦しみも悩みもみんな引き受けてしまう。

昨年大病をし、生死の境から奇跡の生還をした彼女を鑑定する機会があり、伝えさせてもらったメッセージは「優しさを自分に向けて」

そんなことはもう、友人が何度も伝えていたと思うけれど。
それでも言わずにはおれない。大切なことだと思うから。

彼女の優しさや黙って愚痴を聞いてくれる忍耐強さに、救われた人もたくさんいるだろう。
でももしも、彼女が周囲に向ける優しさの一割でも自分に向けてくれていたら、体が壊されるようなことはなかったのではないだろうか。

こんな突然の訃報を聞くこともなかったのではないだろうか。

だから心から思う。
繊細で優しい星が付いていると、どうしても人のストレスまで引き受けてしまう。
そんなものは受け取らないで、自分を痛めつけないで欲しい。

優しさは美徳だけれど、その優しさを自分にも向けて欲しい。

人のために病気になる前に。

少しでも多くの人に。

皆に優しかったSちゃん。
眠っているようだって聞いて安心しました。

優しい家族に恵まれた人生でよかったね。
かわいい姪が二人もできてよかったね。

GW、楽しく過ごせてよかったね。

きっともっと生きていたかったね。

また会いたかったよ。

心から、ご冥福をお祈りします。

















スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.