2020年1月11日の吉方位

 割るというと縁起がよくないので、開くといいます。
鏡餅画像
 2020年1月11日は行事で鏡開きです。

 鏡開きは地方によって日にちが変わりますが
 一般的には1月11日に行う地方が多いようですね。

 お正月にお供えした鏡餅を下げていただくことで
 神様の力を授かり、無病息災で過ごせるといわれています。

 開いたお餅はお汁粉やお雑煮などでいただきますが
 お汁粉とぜんざいも地方によって中身が異なりますし
 こういった地域文化の違いが面白いですね。
ぜんざい画像
 吉方旅行で各地を訪れ、その土地の風習に触れてくるのも
 旅の楽しみのひとつですね。

 また、この日から七十二候で水泉動-しみずあたたかをふくむ-です。
水画像

 水泉動は七十二候の第六十八候
 小寒の次候にあたります。

 水泉動は地中で凍った泉が動き始めるという意味ですが
 氷が解けて湧水が出始めるころを伝えています。
湧水画像
 自然はだんだんと
 春に向かって動き出しているんですね。

 ぜひ七十二侯も暮らしに取り入れてみてください。

 よい一日をお過しください。

スポンサーリンク

暦の話

2020年1月11日 土曜日
六輝・仏滅
干支・癸丑
中宮九星・五黄土星
行事・望、満月(4時21分)・鏡開き・蔵開き
十二直・建
二十八宿・柳(南方・朱雀七宿 24 ぬりこぼし)

九星の終わりに万人に共通する明日の凶方を掲載しています。

仕事、学校、外出の予定など・・・
明日すでに出かける用事のある方は
チェックしておいてください。

以下は日の方位のみの掲載となります。
(年盤、月盤の吉凶方位は反映していません)

2020年1月11日の吉方位

◆◇◆

・一白水星

あしたの吉方

  • 南東
  • 西
  • 北西

・二黒土星

あしたの吉方

  • 西
  • 北西

・三碧木星

あしたの吉方

  • 南東

・四緑木星

あしたの吉方

・五黄土星

あしたの吉方

  • 北東
  • 西
  • 北西

・六白金星

あしたの吉方

  • 北東
  • 西

・七赤金星

あしたの吉方

  • 北東
  • 北西

・八白土星

あしたの吉方

  • 西
  • 北西

・九紫火星

あしたの吉方

  • 北東
  • 南東

◆◇◆

2020年1月11日の凶方

  • 南西 日破のみとなります。

上記は一日を通して誰にとっても凶方となります。
お出かけの予定がある方は、ご注意ください。

皆さまどうぞよい一日をお過ごしください。

この”あかるい明日”では
毎日夜8時ごろに明日の吉方を公開しています。
あなたのあかるい明日のために、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.