2020年6月21日の吉方位

 とてもパワフルな夏至がやってきました。
三日月画像

 2020年6月21日は暦で夏至となります。

 夏至は二十四節気の十番目
 午月の中気です。

 北半球では一年の中で昼がもっとも長く
 夜がもっとも短い日となります。

 夏至と冬至は陰陽のエネルギーの転換期にあたり
 夏至は天体のエネルギーもとても強いです。
 すなわち天地のエネルギーがもっとも強い日と言えますので
 ぜひ恵方詣りにお出かけください。

 恵方詣りについて詳しくは昨日の記事をどうぞ。

2020年6月20日の吉方位

 また、この日は日食の重なる朔、新月です。

 日食について詳しくは国立天文台ホームページへどうぞ。

国立天文台日食画像

画像引用元:国利天文台

 この日は金環日食(日本では部分日食)となり、
 夕方4時ごろから6時頃にかけて、日本全国で観測できます。

 日食と新月が重なる、陰陽のパワーが強い貴重な日です。
三日月写真

 昨日同様、有意義に過ごしていただきたいと思います。

 最後に、この日から七十二候で乃東枯-なつかれくさかるる-です。

 乃東枯は七十二候の第二十八候
 夏至の初侯にあたります。

 乃東枯はそのまま夏枯草が枯れるという意味ですが
 夏枯草とは植物でウツボグサ(靫草)のことです。
ウツボグサ

 夏枯草は漢方生薬にも用いられ
 生薬名をカゴソウといいます。

 夏枯草は冬至に芽を出し夏至に枯れるといわれますが
 この枯れて褐色になりかけた花穂が生薬になります。
カゴソウ

 英名ではもself-healやheal-allという名があり
 「自然にすべてを癒す」理想的な植物です。

 またこの候は、冬至の初候である
 乃東生と対になっています。

 ぜひ七十二侯も暮らしに取り入れてみてください。

扉イメージ画像
 昨日から今日にかけて、とてもエネルギーが強い日が続きます。
 体感として受け取ることができる方もいると思いますが
 あまりよくわからないという方も
 貴重な一日と思って過ごしていただけるとよいと思います。

 お掃除やお詣りなど、浄化作用の高い行いを
 心掛けてみてください。

 よい一日を過ごされますように。

スポンサーリンク

暦の話

2020年6月21日 日曜日
六輝・大安
干支・乙未
中宮九星・二黒土星
行事・夏至(6時44分)・朔、新月(15時41分)・金環日食・父の日
十二直・除
二十八宿・昴(西方・白虎七宿 18 すばる)

九星の終わりに万人に共通する明日の凶方を掲載しています。

仕事、学校、外出の予定など・・・
明日すでに出かける用事のある方は
チェックしておいてください。

以下は日の方位のみの掲載となります。
(年盤、月盤の吉凶方位は反映していません)

2020年6月21日の吉方位

◆◇◆

・一白水星

あしたの吉方

  • 西

・二黒土星

あしたの吉方

・三碧木星

あしたの吉方

  • 西

・四緑木星

あしたの吉方

  • 南東
  • 北西

・五黄土星

あしたの吉方

・六白金星

あしたの吉方

  • 南東

・七赤金星

あしたの吉方

  • 南東

・八白土星

あしたの吉方

・九紫火星

あしたの吉方

  • 北西

◆◇◆

2020年6月21日の凶方

  • 北東 五黄殺、日破 重なりです。ご注意ください。
  • 南西 暗剣殺

上記は一日を通して誰にとっても凶方となります。
お出かけの予定がある方は、ご注意ください。

皆さまどうぞよい一日をお過ごしください。

この”あかるい明日”では
毎日夜8時ごろに明日の吉方を公開しています。
あなたのあかるい明日のために、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.