風水を体にも

水画像

スポンサーリンク

暑いですね

こんにちは。

これを書いている今日は
土用入りも近い7月18日なのですが
毎日暑いですね。

今年は北海道でも記録的な暑さが続いていて
この夏、札幌の実家に帰省する予定の知人が
「これまでこんなに暑くなかったから
実家にクーラーがないのよね」

嘆いていました。

日本全国どこに行っても暑いと思うのですが
こう暑いと、冷たい物ばかりとってしまいません?

漢方の世界では
冷たいものは良しとされていないんですよね。
漢方素材画像

漢方では体の熱を取るためでもは
体を冷やす効果のある食材を
暖かく調理していただくことが基本になります。
(たとえば、トマトやナスなど)

「いや私は水分摂取は常温の水を飲んでいるから」
という声が聞こえてきそうですが
実はこの常温というのも曲者で
実際には常温は体温以下の温度であって
体内では体に入った飲食物の温度を体温に上げるために
無駄なエネルギーを使っています。

水画像

結果、常温よりも
体温よりも暖かい温度の物を取る方が
体にとっては負担が少なくなります。

よくいう
「暑いからこそ熱いものを!」
は正しいわけですし
もっといえば
「寒くても暑くても暖かい物を飲食しましょう」
ということですね。

さて、とはいえ今日お話ししたいのは
漢方の養生の話ではなく
「風水」の話です。

風水とは?

郭璞の著した葬書から
風水とはこのように語られます。

気乗風則散
界水則止
古人聚之使不散
行使有止
故謂之風

気は風に乗ずれば散じ
水に界られれば即ち止まる
古人はこれを聚めて散ぜしめず
これを行いて止めるあり

ゆえに、これを風水という

言い換えれば風水とは
気と水をコントロールする占術ということですね。

地相、家相
すべてこの、気と水が重要です。

例えば家相では
気の流れを止めるのが水場ですので
どの方角からどんな気が入ってきて
どの場所が流れずに止まってしまうのか。

そんなことから相を判断します。

観葉植物画像

インテリア風水というのも
例えば家のある場所に観葉植物を置くことで
その方角の気の流れをよくしようとしたものですので
すべては気と水から派生していることはおわかりかと思います。

さらにこの風水、人体にもあてはまります。

「気」はまさに「元気」や「やる気」
などの源となっている
人の持つ「気」ですね。

漢方の薬膳では「気」を補う食べ物や
「気の滞り」を流す食べ物を取り入れていますし
整体や鍼灸なども
体に対する気の流れを調整する医療施術となります。
ハリ治療画像

そして「水」です。

体内においての水は
成人の体の約60%以上を構成しています。

水画像

漢方でも「水滞(水毒)」という症状がありますが
この、体の中の水を
滞らせず常に流すようにすることも
健康のために重要となっています。

余談ながら
海に囲まれた島国である日本では
水毒になりやすく
特に女性の場合は
ほとんどが水毒になっているそうですよ。

特に夏場のこの時期
また、少し前の梅雨の時期など
湿度が高いため
水毒によるめまいを起こしやすくなりますね。

この時期の回転性のめまいのほとんどは
水毒が原因だという中医師の先生もいます。

めまいイメージ画像

心当たりのある方は、しっかり養生してくださいね。

さて、ごくごくごくと飲んだ水は
身体で吸収され、血液や細胞の一部となり
また、栄養素や不要物を
それぞれ必要な場所に届けるなど
重要な働きをしてくれています。

人の身体が体温を一定に保っていられるのも
この水の働きによるものです。

例え常温であっても
摂取したものによって体温を下げてしまうことが
体にとって負担のかかる行為になる理由が
よくわかりますよね。

そしてもちろんこの「水」が
よい水であるに越したことはなく
ジュース、ビール、珈琲、紅茶などなど
もちろん、飲んでも構わないのですが
これらは嗜好品として
基本は体にとってよい「水」を取ることだということを
忘れないでくださいね。

もちろん一番お勧めなのは
天然の湧水です。

しかも、吉方の水であればもっとも理想的です。

湧水画像

天然の湧水を日常的に取るようにしたら
アレルギーが治ったという友人の話も
聞いたことがありますが
自然水というのは、一番体に適しているんですよね。

ちなみに、ペットボトルに入った
ミネラルウオーターも
それほど安全とは言えないという説もあります。

体の中の風水を整えるには

体には風水の基本である「気」と「水」があります。

瞑想イメージ画像

このふたつを整え
浄化、開運につなげる答えは吉方の水です。

あなたにとって
あなただけの効果を発揮してくれるのが吉方の水です。

もちろん、吉方に行って
できれば湧水を汲んで帰り
飲み続けるのが一番ですが
でもこれは、相当な労力が必要とされます。

吉方がない時期や
吉方先に湧水がないこともあるでしょうし。

そうなると次は
取り寄せができる水ということになりますが
やっぱりお勧めは
吉方の水を吉方の地から取り寄せることですね。
(直送してくれるところから買うのがポイントです)

しかしこれまた、探すとなかなかないんですよね。

まず、自分が済んでいる地域から吉方を割出して
そのエリア内から
届けてくれるお水を取るよせるわけなのですが
通販で「よさそうだな」と思っても
よくよく調べると
水源地が吉方のエリアより外だったり
会社がエリア外だったり。

うまく見つかるといいんですけどね。

個人的には普段から毎日使っていますが
このビーワンのお水が大変お勧めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アクアーリオ1本ビーワンシリーズ原水
価格:1898円(税込、送料別) (2017/7/18時点)

ただ、飲むとなると高いので
(私は基本化粧水として使いながら、時々飲んでいます)
そのあたりが難点かなと思います。

また、このクリスタル水素水もお勧めです。

クリスタル水素水画像

水素水は細胞レベルで浄化してくれるので
正直なところ
気学をぜんぜん考えないで水を選ぶとしたら
私はビーワン水と水素水を選びますね。

何しろ水が趣味と言っても過言ではないので
波動水と呼ばれている物も含めて
これまで多くの水を飲んできましたが
体への吸収を感じられる水は
自然の湧水以外ではこの二つです。

ビーワン水は飲んだその瞬間
全身に吸収されるのがわかるようです。

本来体に合った水というのは
飲んだ瞬間、体中で吸収できるものですが
そうでない場合
消化器官までたどり着いてやっと吸収されます。

体の中の水の流れをよくすると
同時に気の流れもよくなります。

流れがよくなると浄化作用が働きますので
自然に、体も元気になりますし
エネルギー(オーラ)も本来の輝きを取り戻すことができますよね。

葉っぱイメージ画像

それによって幸運体質に変わっていけると思いますし
風水を実践するなら
ぜひ体にも風水を取り入れるってことを
頭に置いてもらえたらと思います。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.